旅行とサッカー

主に旅行とサッカーについて書きます。旅もサッカーもニワカな視点で書きます!間違いもあると思いますので参考程度によろしくお願いします。写真はインドネシアビンタン島

セリエAチケットの取り方(ラツィオ)

さて、前回のブログで記述しました、ラツィオ戦のチケットのとり方について説明します。

今回は私の旅行中にある試合ということでフィオレンティーナvsウディネーゼフィレンツェで11日)、ラツィオvsミラン(ローマで13日)で悩みましたが、結局後者になりました。

 

それでは本題!まずはラツィオのホームページに行きます。
f:id:aotokurosung:20170205000148j:image

自分の行きたい試合に移動します。
f:id:aotokurosung:20170205000219j:image

ticketを選択するとlisticketというイタリア版の楽天チケットみたいな感じのサイトに飛びます。右角のイギリス国旗をタッチすると英語版になるので英語版の方が分かりやすいかと思います。

f:id:aotokurosung:20170205000243j:image

席が上からいい席順に並んでいます。僕は上から4番目のバックスタンド席を取りましたがもっといい席がいいという方はメインスタンドの上二つの席やバックスタンドでもより良い席である上から三つ目の席を取ると良いと思います。

安い方がいいという方は下の方を取るといいと思います。

しかし、CURVA NORDはホームラツィオのサポーターゾーンですのでゆっくり見たい方はそれ以外がいいのかなと思います。

詳しいエリアは下図を参照ください。


f:id:aotokurosung:20170205001427j:image

ここからは英語版で説明します。席の隣のhighをクリックすると
f:id:aotokurosung:20170205001825j:image

このようになりますので16歳以下の方は下をそれ以外の方は上の Quantityの所を取りたい枚数にし、addをクリックすると下の方にこのような画面が出ます。


f:id:aotokurosung:20170205002653j:image

右側を名前、名字、生年月日(日、次、年の順)、下に行き、国籍、ESTERO、ESTERO(イタリア国籍以外の方はこれ以外選べないと思われます)と書き、confirmをクリック。

すると、確定されるので下のデリバリーの選択。これはどちらも無料なのでどちらでもいいと思います。

選ぶとログインが出てくるのでアドレスかユーザー名とパスワードを入れてログインすると購入へ進めます。

 

以上がやり方です。なお、アカウント作成の方法はあとがきに記します。

 

〇あとがき

アカウント作成

一番上にあるサインインを押すとアカウント作成のページに飛びます。
f:id:aotokurosung:20170205003550j:image

左から進んでいきます。ログインインフォの方から

登録するアドレス...確認メールなどが届くアドレス、私はGmailにしました。

アドレス確認...上で書いたのと同じアドレスを書きます。

ユーザー名...自分で好きに決めていいのですが被りはいけないらしく、登録の際そこで止まった場合は適当に数字をたしてユーザー名を作ってください。

パスワード...これも適当に決めます。忘れないように。

パスワード確認...上のパスワードとまったく同じく書きます。

右側いきます。パーソナルインフォです。

性別...男性はmr、女性はms

名前

名字

生年月日...日、月、年の順です

国...Japanなど

Province...州、県ですので東京など

City...市です

それ以下の住所

postcode...郵便番号で5桁を求められますが、日本は7桁なので適当な数字でいいらしいです。自分は7桁の郵便番号の下2桁を外して書きました。

電話番号...一応携帯の番号を書きました

 

すべて記入した後下2つに合意すると登録出来ます。(その上のニュースレターを受け取るかは任意)登録完了のメールが来るかと思います。

 

 

 

 

 

 

いざイタリア旅行へ(準備編)

 

いざイタリア旅行へ!ということで準備編です!

 

今回の旅はシンガポールとは違う友達とこれまた二人、2/6成田出発、17成田到着の現地10日間の旅です。

航空券、ホテル予約は10月初旬に。

航空会社アエロフロート航空、サイトはサプライスです。

ホテルはミラノ3日間、ベネチア2日間、フィレンツェ2日間、ローマ3日間でサイトはAgodaです。

それ以外の予約としては前回同様にWi-Fi(前回同様フォートラベル)と今回はサッカー観戦チケット(ラツィオVSミラン)を取りました。取り方は次のブログに詳しく書いときます。

また、最後の晩餐見学の予約も取りました。ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の中にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの名画を見れるということで芸術には全く興味の無い私もせっかくだからと予約しました。こちらも次の次のブログに書きます。

予約はこんな感じです。まだ予約段階ですので確かなことは言えませんが予約方法に関しては次回次々回に記載してます。

 

ちなみに明後日出発ですが、予約したもの以外のプランはまだ全く立ててませんwまあ行き当たりばったりで楽しめたらいいなって感じです。

 

初ブログ!シンガポール旅行

 

ただいま寒い冬真っ只中ですが、人生で初めて自分で計画し、行ったシンガポールを振り返ります!

〇概要

 高校時代の友達とふとバイト帰りに寄った本屋にてなんとなく行きたいな海外!!!!となり、行き先もなんとなくシンガポールに決めました。今思えばなんでシンガポールなんだ?とも思いますが勢いも大事ですね

 

〇予約

初旅行だったので不安もあり四月の時点で航空券(シンガポールチャンギ国際空港利用)、ホテル予約は全て行いました。サイトは恐らくエクスペディアだったと思います。

ほかの予約は、Wi-Fi(六月頃行いましたが、結構ギリギリでもいけそう)、シンガポールからビンタン島へのフェリーの予約(六月頃)をしました。

 

〇旅行の流れ

8月8日17時成田出発(23:30チャンギ到着)、13日14時(5:45チャンギ出発)成田到着の予定でした。

しかし…

航空会社デルタ航空のシステムトラブルにより成田22時出発に…飛ばないのではと思ったので飛んだときは安堵でした。

航空会社から1500円分の食事券をもらったり(空港内のみ利用できるが空港内のご飯高くて体感は500円ぐらいでした…)やバスで航空機に乗ったりと様々な経験ができ、今となっては良かった話ではあります。到着時刻が大幅に遅れたため、泊まる予定だった空港内のホテルにメールで事情を説明したところ、キャンセル料を取られずに済みました。何かあったら連絡するものだなと感じました。

 

ビンタン

 シンガポールに着いたら、空港で正直あまり美味しくない朝ごはんを食べ、少しグダグダした後、フェリー乗り場のあるとタナ・メラ駅へ。駅からバスでフェリー乗り場へ。

とここで

   乗客がカードでバスに乗車するではないか???

カードがなきゃ乗れないのではと思い、駅に戻り、カードを購入しました。実はこのカード日本でいうスイカのようなものなんですね!イージーリンクカードというそうです。12S$でカード代5S$、利用可能額7S$とい何ともスイカと同じような感じ。鉄道の利用も多かったのでとても便利でした。

ちなみに、これじゃなくてもバスは乗れるっぽいです。

フェリーで税関はありますがボススタンプスといわれて驚きました。両手の指紋を取るんですね。成田以外ではやりました。

フェリーで1時間しかし、時差も1時間なので、出発と到着時刻が同じというなんとも慣れない現象wまだまだ旅行初心者です。

ホテルに着いたら驚き驚き。すごいリゾートじゃん。またまた謎のウェルカムドリンクに、謎の踊り、チェックインがまだだったのでホテルのロビー(室外)のソファで1時間で寝てました。庭に出ると

プールもあるし、海もある。なんて素敵なの(๑・ .̫ ・๑)と男で2人で大騒ぎですね


f:id:aotokurosung:20170204182229j:image

でも、海は日本よりは綺麗ですがそんなに綺麗ではないですwバリとかハワイとか凄いだろうなと思いながらずっと太陽の下寝てました。時間がゆっくり流れるのってこういう事なのね…と感じました。ちなみに、ホテルはニルワナリゾートです。

 

ここでルピアについてのお話…ルピアは何十万ルピアとかが多くお店とかの表記がribuで表記されてます。10万ルピア→10ribuなど。友達と2人で10ルピアとかゲロ安じゃね?怖すぎなどと怯えてなかなかレストランに入れなかったので調べましたが、ルピアについて知らなきゃいけないことですね…

 

⚫チャイナタウン

 1日でビンタン島からタナ・メラに戻り、チャイナタウン駅へ。ホテル81コージーというホテルに直行。少し、裏路地という感じで海外独特の怖さと臭い匂いを感じましたね。

 1度ホテルに荷物を置き、近くのチャイナタウン有名なホーカーズ(フードコートの屋外版みたいな)であるマックスウェル・フードセンターへ。やはり、自分は日本人。空いてる所は怖くて行けず混んでるとこに並んででも食べましたw焼きそばみたいな食べ物でしたが、4S$と安く、そこそこ美味しく頂きました。チャイナタウンはバゴダストリートのお土産が安く、多めに買ってしまいました

 

⚫オーチャード

 ショッピングエリアとして有名なオーチャード!駅を出た瞬間にすごいと思いました!近未来感がたっぷり(都会だ都会だ)

しかし、お金ない大学生には高いお店が多く、安いお店のラッキープラザでお土産を買い、フードコートでペッパーランチ(海外感ないけどやっぱり安定)を食べ、お昼過ぎぐらいにマリーナへ!

 

⚫マリーナベイ

 シティ・ホール駅を降りて上がるとおおっマーライオン!おおっマリーナベイサンズ!!!あの辺で一際目立ってました。スーツケースがあるので早目にホテルへ。この日はペニンシュラホテル!

3日間で一番高かったらしいですw確かにマリーナベイサンズは良く見えて13階と景色は綺麗でした。

そこからブラブラ散歩。マリーナベイサンズの方へ向かいます。15分ぐらいで到着丁度いい距離(o ̄∇ ̄o)♪夕方だったのでマリーナベイサンズに隣接したショップス・アット・マリーナ・ベイサンズで食事+ブラブラ。カジノもあって行きたいと思いましたがまだ未成年無理です…

ショッピングセンターの中を船が通っていたのには今旅行何度目の驚きでした。

夜まで時間を潰し、(学生ふたりではなかなか見る店なくて潰れませんが)ガーデン・バイ・ザ・ベイのツリーショーへ。30分ぐらいのショー。ディズニーみたいだねと全く現実的な友達に対し、自分は普通に興奮しました。来たら見るべき!てかこれ毎日やってるってマリーナ何なんって感じですw

終わってマリーナベイサンズへ戻り、マリーナベイサンズの噴水ショー、ワンダーフルを待機。1時間ぐらい外の寝られるベンチみたいな所で寝てました。噴水ショーはとにかく人の成長みたいな感じなのかな?って思いましたが普通に感動!これも行ったら見るべきですね。このままホテルへ行き、翌日朝、マーライオンパークへ。意外と小さいのねって言うのが感想でしたが様々な写真を撮り、楽しみまくりました。口から水出したり、目から水出したり、マーライオンから出てくる水でメガネを洗ったり(洗えてない)、ほかの観光客の女性のポーズコンプリートしたりと…

それからラストスポット、セントーサ島

 

セントーサ島

 とりあえずハーバーフロント駅へ。そこからセントーサ駅へエスカレーターで降りました。セントーサ駅からの電車は一定値段で使い放題(セントーサで1回降りたらダメですが)ということで適当に行きました。しかし、なんと言っても邪魔者が…スーツケースーーーわー(๑´・_・`๑)預ける所も見つけられず、こいつを持っていたため、楽しめなかったというのは事実です。ぜひとも、セントーサ来る時はホテルに荷物を預けましょう。結局セントーサでやったことはタイガー・スカイ・タワーに乗ったぐらい。そこで他の観光客に写真一緒に撮ろっと言われて苦笑いで撮りましたw(あの写真は今どこにあるのか?)高いところに行くとテンション上がる性格なので自分はすごい楽しめましたが高所恐怖症の方は避けた方がいいかも…怖くはないですが高さはあります。

これに乗り、全ての駅で降りて、付近をうろつきましたが

すべてスーツケースのせいだ

ということでセントーサ島終了…セントーサのビボ・シティというショッピングモールで時間を潰す。ショッピングモールやはり、大学生には高い…もっと大人になったらいいなって感じでした。中のスーパーでお土産を買い、空港へ。

 

〇初計画旅行を通して…

⚫宿はなるべく同じ宿を!

今旅行感じたのは、スーツケースの邪魔さです。これが無ければ楽だなってすごい感じたのでシンガポールのような小さい国なら多少交通費がかかってもホテルを同じにした方がいいと思います。

 

⚫急な天候に注意

地域によるとは思いますが、マリーナで晴れてたのに急に雨降ってきて驚きました。傘持っていたので良かったですが、やはり急な天候の変化に対応できた方がいいです。

 

⚫コーラは必需品

食べ物なんかは日本と違う味のものが多かったので、コーラはとても安定してずっと飲んでました。あと、ビンタン島ではコーラが安かったのでコーラいいと思います。水とコーラの偉大さを感じました。

 

⚫急なトラブルに備える

 今回自分は飛行機が大幅に遅れるということがありました。高いところだとないかもしれませんが、格安なんかだとこういう事遅れるだけでなく飛ばないこともあるらしいので、それに備える。また、ホテルなどに影響する場合は連絡を早目にするのが大事だと思いました。

 

⚫持ち運びWi-Fiに頼るな

今回Wi-Fiはレンタルしましたが、電源が切れて使えなくなったり、繋がりが良くなかったりしました。持ち運びWi-Fi以外にもホテルに着いている所もあるので持ち運びWi-Fiに頼りすぎるのはやめたほうがいいと思いました。

 

 

〇あとがき

この旅行は全ての合計8万円ととても安く収めましたw恐らく普通はもっとかかると思いますので安くてこれぐらいとい参考にして頂けたら嬉しいです。

過去の旅行なので長々と一つにまとめて書きました。写真も全然なくて、分かりづらくてすいません。

このブログは自分の旅行を忘れないため、次の旅行に役立てるために書いているための日記の様なものとして作りました。次からは場所や出来事毎に分けて書きます。すべて読まなくていいので、旅行の際に使える情報など役に立つものを選んで読んで頂けると幸いです。

 

長々ありがとうございました